不動産管理会社でのマンションの改修工事を神奈川で携わったときの体験

価値を下げないためにも改修工事が必要

かつて不動産管理会社に所属していた経歴があり、この会社は管理業を主体としながらも、一般的な不動産会社と同じように、本社以外でも仲介用の店舗をいくつも運営していました。
珍しい業態でもあり、不動産会社の場合は店舗で担当するエリア内の賃貸物件については、その殆どを案内しているものですが、この会社では自社で管理をしている物件と自社所有物件に限定をして仲介をするという独自的な発想です。
他社が扱う物件の場合は、仲介手数料を主な収入源にしているものですが、私が所属していた会社は自社管理物件、自社自社と呼ばれる自社物件に限定することで、利益を高めているという方法です。
私の経験上では管理物件においては、オーナーさんの意向によってマンション改修工事を行う場面もあり、神奈川エリアを対象にしていたのでマンションは多く、オーナーさんの数も多いことにより、要望を常にヒアリングすることが重要視されてきました。
老朽化してしまったマンションでも、オーナーさんによってはお金を掛けたくないと明言する方がいれば、価値を下げないためにも改修工事を希望する方も存在しています。
管理物件はオーナーさんからの要望と私の会社からの提案での工事に限定されますが、自社自社物件については、会社が適切に判断をして、マンションの改修工事を行っているという実績もたくさんありました。

動画: 神奈川横浜でのマンション改修 ①足場と高圧洗浄 (by tosoushokunin) 4階建てのマンション改修工事。
①足場と高圧洗浄編... http://t.co/gj2fas1g

— 外壁塗装 (@gaihekitosou7) 2013年1月5日

価値を下げないためにも改修工事が必要老朽化した賃貸改修工事リスク回避にも十分に役立った